ThinkPad Edge E420を購入


寝ながらパソコンやるのにシャープの古いノートPCを使っていたのですが、拡張しようと分解していて壊してしまったので新しくレノボのノートを購入しました。初めは価格の安いタッチパッドでも買おうかと思っていたところ、3万円台でThinkpad価格が買えるような時代になっており想像以上に安かったのでノートPCにしました。

仕様 (ThinkPad Edge E420:お買い得ベーシックパッケージ)

主な仕様 E420
初期導入済みOS Windows 7 Home Premium 64ビット 正規版 (SP1, 日本語)
プロセッサー インテル Celeron プロセッサー B800 (1.50GHz, 2MB L3, 1333MHz)
最大メモリー容量 最大8GB
最大搭載メモリー数(スロット数) 最大2
搭載メモリー容量 2GB PC3-10600 DDR3 (1スロット使用)
HDDタイプ シリアルATA/2.5インチ
ハード・ディスク・ドライブ 320GB ハード・ディスク・ドライブ, 5400rpm
光学ドライブタイプ DVDスーパーマルチ (固定式)
ビデオ・チップ CPU内蔵(インテル® HD グラフィックス 3000)
ディスプレイ 14.0型HD液晶 (1366 x 768 16:9 LEDバックライト)光沢なし, ヒートウェーブ・レッド(光沢なし)
インターフェース(ポート)*1 モニター(VGA)、HDMI、RJ-45(LAN)、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
インターフェース(USBポート)*1 USB2.0x4
(うち1つはPowered USB、一つはeSATA/USB2.0コンボ)
内蔵モデム(データ/FAX速度) なし
ワイヤレスLAN アダプター ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠) 1×1
Bluetooth なし
イーサネット*1 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-TX
オーディオ機能*1 モノラル・マイクロフォン/ステレオ・スピーカー、ハイ・デフィニション・オーディオ 準拠
内蔵カメラ 720p
HDカメラ(マイクロフォンあり)
カードスロット*1 Expressカード/34 x1
4-in-1メディアカードリーダー
キーボード*1 フルサイズ・キーボード(6列配列)、89キー + Fnキー、PgUpキー + PdDnキー、Windowsキー、JISひらがな配列
指紋センサー なし
ポインティング・デバイス*1 ウルトラナビ(トラックポイント、マルチジェスチャー・タッチパッド)
本体寸法 (幅×奥行き×高さ) 34.3 x 23.4
x 3.3cm (実測)
質量(バッテリー・パック、を含む) 約2.1kg
バッテリー・パック 6セル
Li-Ionバッテリー
バッテリー駆動時間 約6.8時間(6セル・バッテリー搭載時*E420)

メモリはネットで買ったほうが安いので最低限で十分、HDDもSSDにいずれ変更して単なるバックアップドライブにする予定なのでこちらも最低限で十分と考えました。CPUだけはもう少し性能を上げたかったけれどCore
i3-2330M プロセッサー (2.20GHz, 3MB L3, 1333MHz)にするのに7,000円以上かかるのでやめました。サブ的に使ったり、読み物あるいは動画閲覧専用にしようと割り切ろうと思い一番安いプランにすることに。

しかし、後日ブログに投稿予定の素晴らしいノートパソコン用のモニタアームを購入したためメインマシン的に使いたくなってしまいCeleronの1.5GHzじゃちょっと物足りないと思っているところです。Core
i3にすれば良かったかも。14インチでメモリも増設してHDDをSSDにして自由に設置できるモニタアームが揃うと、両手が使えるので寝ながら何でも作業できちゃうなーという感じなので。

内容

写真1

馬鹿でかい箱が来るかと思ったら意外とコンパクトでした。輸送費がかかるからですかね。実際はこの箱の上にもう一つダンボールがかぶさって来ます。


thinkpad_e420_01

写真2

箱を上から開けたところです。中身は本体、電源アダプター、バッテリーと書類です。


thinkpad_e420_01

写真3


thinkpad_e420_01

写真4


thinkpad_e420_01

写真5

ビニールから出した新品のE420です。


thinkpad_e420_01

写真6

書類一式。


thinkpad_e420_01

写真7

カパッと拡げたところ。


thinkpad_e420_01

写真8

キーボードをアップ。


thinkpad_e420_01

写真9

12.1型のノートPCと大きさを比較。横にちょっと長いぐらいです。


thinkpad_e420_01

購入から発送・到着までのこと

レノボのホームページから購入し、支払い方法は銀行振込で行いました。できるだけ早く注文したかったので、午後3時以内に銀行振込を終える予定だったのですが、新規アカウントの登録をしたり、振込に手間取り結局間に合いませんでした。

住信SBI銀行からレノボの口座に振り込んだのですが、注文番号を依頼人名の後ろに付けるやり方にとまどいFAQとかを探し回っている内に時間オーバー。振込の最初の画面で、依頼人入力ボックスの後ろに注文番号を追加するだけでOKでした。

このため翌日扱いとなってしまい、入金確認完了のメールが届いたのは翌々日の夕方となりました。それから製造の手配/在庫の確保が開始され、この日から12日後に納期についてのメールが来ました。その2日後に出荷したという連絡があり、その4日後に納品予定日の連絡があり、その2日後に到着しました。

注文した日から到着するまでに要した時間は22日です。ちょっと時間かかりすぎ。

使い勝手・レビュー

基本的にはすべてが合格点です。重量は実測で約2.1kg。昔の12.1型ノートより軽く、手触りも良し。

キーボードも打ちやすく、ウルトラナビというのが大変便利。マウスクリックボタンが4つ付いているのが最高で、次もThinkpad以外はちょっと考えづらいと思いました。トラックポイントもとてもいい感じ。モニタの大きさも14インチはベストでした。15.6だとでかくて重いでしょうし、12.1だとちょっと小ささに不満。デスク上の作業スペースを考えると12.1以下の大きさが使いやすいですが、これはモニタアームを使うことにより解消できそうです。

もちろん最低価格のモデルなので悪い点もいろいろあります。CPUはCeleronの1.5GHzなのでパワー不足だし、HDDは5200回転で遅いし、メモリも全然足りない。液晶の画質は普通のアプリケーションを使うのはまったく問題ないですが高画質で動画を観るにはあまり向いてないかもしれません。でも安くてしっかりしているので大満足の買い物ができました。

商品

ThinkPad Edge E420 ベーシックパッケージ

超おすすめ格安ノートPC用モニタアーム

普通の液晶モニタ版もあります。

寝ながらノートPC活用法

  1. 技術資料などのWeb記事をじっくり読める
    個人的に寝ながら読むのが好きなんで・・。
  2. モニタアームがあると二画面で記事を参照しながらデスクトップで作業したりもできます。ながら作業とか。
  3. PIM(個人情報管理)
    携帯端末より大きな画面で入力・閲覧が可能。
  4. 寝る前に動画を観たりできて快適!
にほんブログ村 IT技術ブログへ